営業職の女性ビジネスカジュアル

MENU

営業職の女性は男性よりもラフな格好で問題なし

最近は女性の営業も多くなってきましたね。
一昔前までは、女性はなかなか活躍する機会がなかったのですが、現在では女性の社会進出も著しく、キャリアOLと呼ばれる方も増えてきました。

 

そこで気になるのが営業の際の服装です。
男性のようにきっちりとスーツを着用しなければならないか。
今回は女性の営業に着ていくのにおすすめのビジネスカジュアルを紹介します。

 

営業女性の服装は多種多様

トップス

基本顧客への商談は男性女性関係なくスーツが無難です。
少なくとも相手に不愉快に思われることはありませんね。

 

しかし、男性のようにダークスーツやネクタイをしなければならないというわけでもありません。

 

女性の場合はジャケットなしのブラウスでもかまいません
白のブラウスの場合はブラが透けてしまう可能性があるので、
ピンクや茶系などの色にした方がおすすめです。

 

ただし、ブラウスは昨今賛否両論が出ており、
企業によっては禁止されていることもあります。
その場合は
襟付きのシャツにノーネクタイ、
もしくはそれに薄手のジャケットを羽織れば問題ないでしょう。

ボトムス

肝心のボトムスですが、ズボンであればタイトなチノパンやデニムではないジーンズなどを穿きましょう。
スカートであれば商談の際、椅子に座ったときに膝が隠れる程度の丈を穿いてください

 

女性の服装の場合は、その人の顔つき、髪型、人柄、雰囲気、体型などで許容範囲内となる服装が変わってきます。
まずは先輩女性、上司の意見を仰ぎながら、序々に緩めていくべきと言えるでしょう。

 

お局様と良好な関係を

 

その会社で長年働いており、年齢も上のため、そこらへんの社員や役職の人間では頭が上がらない女性。
それが『お局様』です。

 

女性は特に目の敵にされやすいため、ちょっとした油断で悪評を広められてしまうかもしれません。
「最近の若い女性は……」、「その格好でお客様に会うつもり?」
などと叱られ、「でも上司には問題ないと言われました」と口答えしようものならば、全女性社員を敵に回してしまうことにもなりかねません。

 

逆に、お局様と良好な関係を築ければ、「若いっていいわね」、「その服どこで買ったの?」
などと多少のことは大目に見てもらえることでしょう。