男性ビジネスカジュアルコーディネート

MENU

ビジネスカジュアルにもタブーはある?模範となるビジネスファッション

「ビジネスカジュアルでジーパンはOK?」
「ポロシャツは襟が付いているからいいよね?」

 

などと、その境界線を巡って社内でさまざまなやり取りが行われることが常にありますね。

 

ビジネスカジュアルにはタブーもありますので、
ここでは「これを着ていけば優秀」というビジネスカジュアルファッションをご紹介します。

 

 

  模範となる男性ビジネスカジュアルコーディネート

 

>>ビジネスコーデ一覧はコチラ<<

 

あなたのビジネスファッションは大丈夫ですか?

ビジネスファッションも上司や同僚の女性に好かれる為には欠かせない存在です。

 

ビジネスカジュアルが
どういったものかわからない

 

ファッションセンスには自信がないから
コーディネートの仕方がわからない

 

上記のコーディネート一覧には

600コーデ以上のスタイルが掲載されています。

 

誰でも簡単にお洒落で大人の雰囲気のファッションを手に入れる事ができますよ!

 

 
ジーンズはタブー、ポロシャツはグレーと覚える

まずこの手の質問で最も多いのが

「デニムのジーンズ」です。

 

誰でも分かるかと思いますが、

 

営業職や対顧客との商談がある職種では
ジーンズはタブーですね。

 

ただし、女性ならグレーになります。

 

比較的企業は女性の服装や身なりに関しては消極的で介入はしない傾向にあるので、茶髪にジーンズ、イヤリングなども問題ないとスルーする企業がほとんどでしょう。

 

次に内勤型の方ですが、これも多くの企業ではジーンズは不可となります。
企業側からすると、ちょっとラフすぎるイメージがあるのでしょう。

 

ただし、出版社や編集社、ベンチャー企業など創造が求められる企業に関しては男性でもジーンズがOKというところが多いようです。

 

     

 

仮に顧客と商談がある営業マンに関しても、顧客との関係が深いため、
それほど服装にこだわるところも多くはありません。

 

 

ポロシャツに関してはグレーです。

 

ポロシャツで商談に行く営業はあまり見かけないように、

 

対法人相手の企業では
ポロシャツはあまり受け入れられません。

 

ただし、品卸し作業や汚れが生じたり、ラフな格好の方が仕事がしやすいような業種、職種ではポロシャツを会社側で支給する企業も多く見られます。

 

企業ではビジネスカジュアルでポロシャツを許す許さないというのは議論の的になります。
みなさんは就職した企業の体質をよく見極めて判断してください。

 

 

 

 

ビジネスカジュアルの王道は襟付きシャツにスラックス

一般的にビジネスカジュアルと表記されているのであれば、面接だろうと会議だろうと

 

『トップスは襟付きシャツ、ボトムスはスラックス』
の格好で問題ありません。

 

逆に、これで文句を言うのであれば、

 

「これ以外のビジネスカジュアルはカジュアルではないのでは?」と上司に投げかけてやりましょう。

 

気をつける点は、シャツは半袖と長袖ですね。
ジャケットは必要ないが、半袖は駄目という企業もありますし、
半袖を着たい場合はネクタイを着用すればいいという企業もあります。

 

 

また、ジャケットは黒色ではなく、
『茶系』の明るい色がカジュアルファッションとしては人気です。

 

 

ボトムスはスラックスであれば問題ないでしょう。

 

チノパンもビジネスシーンには鉄板です。

 

>>チノパンコーデ術はこちら<<

 

ですが営業職や中堅のお堅い企業ではビジネスシーンにおいてのチノパンの存在位置を知らない方が上司にいる場合は、ビジネスカジュアルとして認められない場合が時々あります。

 

次に、スラックスとは簡単に言えば、
『上下セットではない』ものです。

 

 

>>無地スラックスコーデを見る<<
>>千鳥スラックスコーデを見る<<

 

茶系のジャケットを着て、ボトムスは紺色でストライプ柄が入ったスラックスを穿けば、
きっとお洒落なカジュアルファッションとして見なされることでしょう。

 

先輩上司からも
「なるほど。これがビジネスカジュアルって言うんだな」
と支持されるかもしれません。

 

いままでは紺色や黒というシックな目立たない色をスーツに着ていましたが、
そこから一歩飛び出して、色を変えてみる。

 

これがビジネスカジュアルの基本となることを覚えておきましょう。

 

 

鞄・財布・小物はとても重要!

ビジネスカジュアルファッションを着こなす上で、
見られていないようで実はチェックされているアイテム
それは「鞄・財布・小物」類です。

 

シャツやジャケットパンツなどのアイテムに限っては、
一目見ただけでは安物だとか、どこのブランドだとかは分かりません。

 

しかし、鞄・財布・小物類に限っては
一目見ただけでその商品の品質が露呈してしまい、
その人の印象を位置づけてしまうアイテムとされています。

 

ビジネスの世界では「印象」というのはとても重要です。

 

服や靴と違い、毎日必ず使用するアイテムですので、
鞄・財布・小物類を選ぶ際はワンランク上の商品を選ぶ様にしましょう。

 

当サイトオススメサイトはこちら