チノパンでビジネスカジュアル

MENU

どうしてもビジネスカジュアルが理解できない!
そんな人はチノパンを穿け

「考えれば考えるほどビジネスカジュアルが分からない」

 

そんな方はチノパンを穿いて、
その会社のビジネスカジュアルの境界線を確かめてみてはいかがでしょうか。

 

ビジネスカジュアルの王道はチノパン

チノパンはコットンの生地で作られた厚手のズボンです。

 

色はカーキ色から濃い茶系色まで、
比較的シックな色が多いので、

 

近年ではしばしばチノパンがビジネスカジュアルの
代表のボトムスに選ばれています。

 

事務、企画などの顧客と接触する機会のない
内勤型はチノパンが支持されています。

 

一方営業職や取引先と折衝する総務職になると、
チノパンに難色を示す企業もあります。

 

ただし、一般的にビジネスカジュアルと言われた場合、多くの企業ではチノパンは許容範囲内となっており、仮にチノパンが禁止されているようであれば、厳し目の企業体質と判断できるでしょう。

 

チノパンのコーディネート

先に紹介したように、
基本となるチノパンは柄無しのカーキ色、
もしくは茶系色となります。

 

中には濃い緑のチノパンもありますが、
こちらはあまり企業としては相応しくありません。
できるだけシックな色合いに留めておきましょう。

 

ではトップスはどうすればいいか。

 

通常のワイシャツでもかまわないのですが、
ネクタイを着用することを考えないのであれば、

 

ボタンダウンのような
比較的ラフな格好でもいいかと思います。
その上からジャケットを着れば少なくとも文句を言ってくる人はいないでしょう。

 

>>チノパンコーデ一覧はコチラ<<

 

チノパンのメリット

チノパンのメリットはトップスに合わせやすいということが挙げられます。

 

色や柄の入ったシャツはもちろんのこと、
チノパン自体がシックな色なのでジャケットを着る上でも選り好みしません。

 

ビジネスカジュアルで迷ったら、
まずはチノパンを穿いて社内の雰囲気をうかがってみるのはいかがでしょうか。

 

ちなみにこれは男性女性ともに言えることです。

 

比較的カジュアルな格好でも文句が言われない女性も、
ジーンズは少しためらいが生じがちです。

 

その際はチノパンを穿いておけば、まず社内で噂されることはありませんし、
これ以上のビジネスカジュアルはないと言っても差し支えないでしょう。