内勤勤務に適したビジネスコーデのポイント

MENU

急な外出などまで細やかに配慮した内勤向けビジネスカジュアルコーデ

地球環境に優しいエコなファッションスタイルや、
コーデに反映されるべき価値観の多様性が強く意識されるようになった昨今では、
オフィスでの装いもスーツスタイルから少し崩したビジネスカジュアルが増えてきつつあります。

 

また、対外的な業務が少ないオフィスワーク主体のビジネスマンであれば、
上下が揃ったセットアップスーツより、ジャケットを着用しないカジュアルな軽装の方が、
より効率的な業務遂行が可能です。

 

一方で、オフィスワーカーといえど、
急な顧客の来訪や外出に対処する必要もあるので、
そうした状況にも臨機応変に対応できるようにしておくのが望ましいところ。

 

そこで今回は、急な状況変化にも迅速に対応できる、
ワンランク上のビジネスカジュアルコーデをご紹介します。

 

ワイシャツやポロシャツにチノパンやスラックスを合わせるのが基本

一般にビジネスカジュアルといえば、通常のカジュアルコーデとは異なり、
トップスに襟の付いたワイシャツやポロシャツを、
ボトムスに折り目の付いたスラックスやチノパンなどを合わせるのが基本です。

 

カジュアルとはいえビジネスの場での服装ですから、
上下揃いのセットアップスーツの様式に、ある程度沿うのがマナーです。

 

さらにカッチリとした服装が求められる職場であれば、
基本となる上記のコーデにネクタイやジャケットを合わせるのが良いでしょう。

 

また、いずれの場合でも、スーツスタイルの様式に合わせるのが基本ですから、
ワイシャツやポロシャツの裾はパンツの中にタックインするのがマナーです。

 

急な状況変化にも迅速に対応できる小物などのアイテム選び

社内での仕事に終始する内勤業務であれば、
ノーネクタイ・ノージャケットの軽快なビジネスカジュアルが、
仕事効率を上げやすいスタイルであるといえます。

 

ただ、急な来訪や外出にスマートに対応できるよう、ジャケットを携行したり、
ネクタイをバッグの中に忍ばせておいたりするなど、状況の変化を常に意識しておくことが重要です。

 

そこで、トップスには襟付きのものを合わせるようにし、
セーターやカーディガンを着用する場合でも、
インナーにはワイシャツを着るようにしておくのが無難。

 

また、シューズもスニーカーやブーツなどは避け、
レザー製のコンフォートシューズなどを合わせるようにするのがマナーです。

 

状況変化にも迅速に対応できる内勤ビジネスカジュアルを習得

内勤業務でのビジネスカジュアルは、
急な来訪や外出などの状況変化に速やかに対処できるコーデに仕上げるのがおすすめ。

 

職場の雰囲気に応じたコーデを押さえて、ワンランク上のビジネスカジュアルコーデを身に付けましょう。