取引先に出向く際のビジネスカジュアルのポイント

MENU

センスあるビジネスカジュアルで取引先での打ち合わせに出向く

ビジネスシーンでもカジュアルなコーデが浸透している昨今では、
既に面識のある取引先での打ち合わせの際にも、
上下が揃ったセットアップスーツではない装いで出向くことも増えています。

 

一方で、取引先といっても職場内の同僚とは異なる立場の相手ですから、
マナーを守った節度あるカジュアルコーデに仕上げるのが基本です。

 

そこで今回は、マナーを守ってカジュアルダウンする、
取引先での打ち合わせに適したビジネスカジュアルコーデをご紹介します。

 

スラックスやチノパンを軸にジャケットを羽織らないコーデも選択肢に

取引先に出向く際のビジネスカジュアルは、
まずボトムスにチノパンやスラックスを穿いたカッチリめのコーデにまとめるのがおすすめ。

 

面識がある相手方とはいえ、
ビジネスシーンでのお客様にあたる取引先との打ち合わせは、
マナーを押えた大人の男性のカジュアルスタイルで出向くのが無難だからです。

 

トップスに合わせるアイテムはワイシャツやポロシャツなど襟付きのものを選び、
様式から脱しないコーデに仕上げるのが良いです。

 

ただ、既に面識がある取引先ですから、
デザイン面では少し遊びを取り入れて、チェックやストライプなどの柄物や、
ブルーやパープルなどの明るいカラーのものを選ぶのが良いでしょう。

 

ジャケットは羽織っても羽織らなくても構いませんが、
羽織る場合は、インナーのデザイン性を高めたことを考慮し、
落ち着いた色合いの無地のものを選ぶと良いです。

 

なお、トップスの裾をパンツの外に出すことは、
カジュアルダウンし過ぎたイメージになるので控えて、
タックインするように心掛けるのがおすすめ。

 

アウターやネクタイなどで遊びを入れてセンス良くまとめる

トップスにワイシャツを選ぶ場合、
デザイン性の高いネクタイやラグジュアリーな素材感のネクタイを合わせると、
コーデ全体をスタイリッシュにまとめることができます。

 

また、取引先の雰囲気にもよりますが、
柄物のワイシャツに敢えてネクタイを締めないノータイスタイルも、
スマートなコーデに仕上げられるのでおすすめです。

 

また、アウターにフライトジャケットなどのミリタリーテイストのあるものを合わせると、
コーデ全体に手軽にハードな印象を加えられるのでおすすめ。

 

最近のミリタリージャケットはタウンユースやビジネス仕様に現代化され、
洗練されたデザインに仕上げられているものが増えているからです。

 

取引先へ出向く際のビジネスカジュアルはマナーとセンスを意識

面識がある相手方がいる取引先には、
最低限のマナーを守ったセンスあるビジネスカジュアルコーデで出向くのがおすすめ。

 

スタイリッシュなパンツルックやノータイスタイルを磨き上げて、
個性的なコーデにセンスよくまとめましょう。