会社に着ていく「ワイシャツ」はどんなもの?

MENU

ビジネスカジュアルにおすすめなワイシャツの取り入れ方

クールビズやウォームビズなど、
地球の環境に優しいエコスタイルのファッションが導入されている昨今では、
ビジネスシーンでもカジュアルな装いが多く見られるようになりました。

 

ただし、ビジネスカジュアルといっても、ポロシャツやカットソーなどを
トップスに合わせるような雰囲気ではない職場や環境なども存在するのが実情です。
そこで今回は、ビジネスシーンで上手に且つ軽快にワイシャツを着こなす方法をご紹介します。

 

ワイシャツのカラーを工夫する

ビジネスカジュアルでワイシャツを取り入れる場合は、
ジャケットやネクタイを着用せず、トップスがワイシャツだけになるのが一般的です。

 

ネクタイを着用せずにジャケットだけをワイシャツの上から羽織る場合や、
ジャケットを羽織らずワイシャツにネクタイだけのスタイルにする場合もありますが、
いずれにしても、スーツスタイルよりコーデ全体におけるワイシャツの比重が大きくなります。

 

そこで、ワイシャツの定番であるホワイト系カラーではなく、
少し色味があるものを合わせるのがおすすめ。

 

例えば、ブルー系のワイシャツで清涼感を出したり、
ブラウン系のワイシャツで暖かみのあるやさしい印象を演出したり、
グレー系でクール且つ洗練された大人の男性の印象を表現したりできます。

 

ボトムスに合わせるパンツやシューズのカラーと合わせたり
、逆にシャツのカラーだけ変えてアクセントにしたりと、
カラーコーデを工夫してセンスの良いイメージに仕上げるのも良いです。

 

ワイシャツのディテールで遊び心を取り入れる

ビジネスシーンにおけるシャツコーデでは、
余計なデザインが控えられた、シンプルなものを取り入れるのが無難。

 

一方で、ワイシャツのディテールで細かなデザインが施されたものをコーデに合わせれば、
違いの分かるセンスの良いビジネスマンを演出できます。

 

例えば、襟が横に広がったワイドスプレッドカラーでネクタイのデザインをさり気なく主張したり、
ボタン部分の帯状の生地である「前立て」がないワイシャツにノータイでエレガントに仕上げたり、
胸ポケットのないシャツでスッキリとしたコーデを演出したりするのがおすすめ。

 

自分が演出したいイメージに合わせて、
ディテールワークを自在に使い分けるのがワイシャツコーデをセンス良くまとめる秘訣です。

 

カラーやディテールを意識して上手にワイシャツを着こなす

ビジネスカジュアルに合わせるワイシャツは、ベーシックな中にもカラーやディテールで
さり気ない遊び心が取り入れられたものを使い分けるのがおすすめです。
センスの良いデザインのワイシャツを、上手に且つ軽快にビジネスコーデに取り入れましょう。