ビジネスシーンの小物使い

MENU

ビジネスシーンで活用するデキル男の小物術!記事一覧

予定されたタイムスケジュールに従って、粛々と仕事が進行していくビジネスの場においては、腕時計は身に付けておくべき必需品であるといえます。そういった実用的な機能を有するファッション小物についても、デザインや機能性にさり気なく気を配ることで、細かな仕事ができる有能なビジネスマンをアピールことができます。そこで今回は、腕時計のタイプに分けて、ビジネスシーンでのスタイリングに合わせた腕時計の選び方をご紹介...

「ベルトとは」ベルト(Belt)とは、帯革やバンドとも呼ぶ、物を固定するために使う平たい形の細長い布や革のことです。バックルという専用の固定具と一体になっていて、締める強さや径を調節することが出来ます。ベルトは、衣服の一部の帯として使われ、腰に巻いて服のズレの防止や固定のために使用します。ほとんどのズボンには、ベルトが通せるようにベルトループがあります。ベルト単体で使用する人が多いのですが、股上が...

「ネクタイとは」ネクタイ(necktie)は、男性の首の周りに装飾として巻く布を指します。多くの場合は、ワイシャツの襟の下を通して喉の前に結び目を作り下げます。首に巻く細い方を小剣(スモールチップ)、前方に下げる太い方を大剣(ブレード)と言います。ネクタイは、ルイ13世を守るためにクロアチアの兵士がフランスを訪れた時に、彼らが首に巻いていたスカーフが起源であり、その布をクロアチア兵(クラバット)と...

「ソックスとは」             ソックス(socks、靴下)は、足を覆う袋状の布のことで、特に伸縮性のある布を使用したものはストッキングと呼ばれます。靴下は、靴と素足の間の緩衝材の役目の他に、足の保温作用、汗の吸収と乾燥、皮膚の保護、衣服の役割などがあります。靴下の長さは様々で、踝の上を覆うものから膝上を覆うものまであります。足首より短い、スニーカーソックスは、最近若者の間で流行していま...

「マフラーとは」マフラー(muffler)は、襟巻きや首巻きとも呼び、首の周りに巻く、長方形の布です。現代英語ではscarfということが多いのですが、スカーフは軍服の飾帯から発展したもので、日本語のスカーフは婦人用の装飾の正方形の布を指す場合が多いのが実態です。「形状・素材・着こなし」マフラーは、防寒具の1つで、幅が数十cmで、長さが2m程度の長方形の布で、必要に応じて首の周りに巻いて、首や肩の防...

様々な人と打ち合わせや会合をする機会があるビジネスの場において、初対面の相手との挨拶は名刺交換から始まるのが一般的。その際、第一印象に影響を与える可能性がある名刺入れのデザインには、油断なく気を配っておきたいところです。名刺入れのように小さな実用品のデザインにもさり気なく気を配ることで、携行品を含めたコーデ全体をまとめられる、対応力の広いビジネスマンを演出ことができます。今回は、名刺入れの素材に分...