ビジネスシーンに使える「名刺入れ」ってどんなもの?

MENU

ビジネスシーンで個性を演出できる名刺入れの選び方

様々な人と打ち合わせや会合をする機会があるビジネスの場において、
初対面の相手との挨拶は名刺交換から始まるのが一般的。

 

その際、第一印象に影響を与える可能性がある
名刺入れのデザインには、油断なく気を配っておきたいところです。

 

名刺入れのように小さな実用品のデザインにもさり気なく気を配ることで、
携行品を含めたコーデ全体をまとめられる、対応力の広いビジネスマンを演出ことができます。

 

今回は、名刺入れの素材に分けて、
ビジネスシーンで個性を演出できる名刺入れの選び方をご紹介します。

 

レザー素材の名刺入れの選び方

レザー素材が用いられた名刺入れは、
ビジネスの場においては王道的な素材であることから、
スーツスタイルに合わせやすいものであるといえます。

 

ブラックのレザーが用いられたシンプルな長方形型の二つ折り名刺入れといえば、
誰もが一度は目にしたことがある普遍的なデザインです。

 

レザー素材の名刺入れは落ち着いた素材感の特性上、
ベーシックなデザインであることが多いので、どちらかというと個性を出しにくいのが特徴。

 

そこで、さり気なく型押しが施されたものや、
高度な技術で深みのあるシワが生み出されるシュリンクという加工が施されたものなど、
工夫を凝らしたレザー素材のものを選んで、個性を演出するのがおすすめです。

 

ただし、光沢感の強いエナメルや個性が強いクロコダイル素材などは、
華美な装飾が施された印象を与えるので、控えるのがおすすめ。

 

合成皮革や布帛素材の名刺入れの選び方

合成皮革や布帛素材が用いられた名刺入れは、防水性や耐久性、
軽量性などの機能面が高められていることが多いという点で実用的である一方で、
よりスポーティでカジュアルな印象にコーデが仕上がる点が特徴。

 

一般的には、ビジネスカジュアルコーデにより合わせやすい名刺入れであるといえます。

 

これらの素材の名刺入れは単なる二つ折りタイプにとどまらず、
非接触ICカードの併用に対応したものや軽量で超薄型のものなど、
非常に機能的なものであることも多いのが魅力です。

 

高機能な名刺入れをさり気なく見せることで、違いがわかるビジネスマンを演出できます。

 

上質な素材や機能的な名刺入れを選んで個性を演出する

ビジネスコーデに合わせる名刺入れとしては、
デザインや素材面で華美な装飾がされていない、
ミニマルでベーシックなものを選ぶのがおすすめ。

 

シンプルなデザインの中に、高度な職人技術による加工が施された上質な素材や、
最先端技術を駆使した機能が搭載されたものを選ぶことで、
幅広い知見を有する個性的なビジネスマンを演出すると良いでしょう。