会社で着用するベルトはどんなもの?

MENU

ビジネスシーンで選ぶべきベルト・種類について

「ベルトとは」
ベルト(Belt)とは、帯革やバンドとも呼ぶ、
物を固定するために使う平たい形の細長い布や革のことです。

 

 

バックルという専用の固定具と一体になっていて、
締める強さや径を調節することが出来ます。

 

 

ベルトは、衣服の一部の帯として使われ、
腰に巻いて服のズレの防止や固定のために使用します。
ほとんどのズボンには、ベルトが通せるようにベルトループがあります。

 

ベルト単体で使用する人が多いのですが、股上が深いズボンでは、
ベルトで腰を締め付け、サスペンダーでズボンの折り目が綺麗に見えて、
ズボンを上げて履くことも出来る利点があるため、かつてはサスペンダーと併用する人も見られ、
ぺりー・サスペンダーというベルトと併用で着用のサスペンダーもありました。

 

「ビジネスシーンのベルト・衣服用ベルトの種類」

ドレスベルトは、プレーンベルトとも呼ばれ、
スーツや私服に使用されるベルトで、ビジネスシーンで多く見られるベルトです。

 

 

無地や型押しは、私服にも使われますが、
主にスーツに使用される、ビジネスマンの必須アイテムです。

 

コインやリベット・ペイントのロゴやプリントを
打ち込んだスタッズベルトは、私服に使用されます。

 

 

 

穴が二つあるダブルピンベルト、ガリソンベルトは、
4cm位の太めのものが多く、バックルをボタンで替えられる種類があります。

 

 

ウエスタンベルトは、とりかえられるバックルや刺繍がついたものです。
メッシュベルトはメッシュで革や布を編んだベルトで、
カービングベルトは彫刻を彫ったベルトです。

 

 

ゴムベルトは、ゴムを使ったベルトで左右のリング状のバックルを通すものや、
ボタンの付いた留め具やクリップでベルトを通して留めるバックルのないベルトです。

 

 

 

リングベルトは、サーシングベルトとも言いますが、
バックルがOやD型の二つついたリングで、ベルトが布や革で出来ています。

 

 

リボンベルトは、布や革のリボンで出来たベルトで、ピンのついたバックルで留めます。
ハイウエストベルトは、腰や腹、ジャケットやトップスの上につける、
女性や警備員、自衛隊・軍隊・警察等の公務員が着用することが多いベルトです。

 

 

GIベルトは、ファッション以外にも作業着として使用される事が多い、安全帯の一種です。
穴がなく、自由に留められるベルトです。コーリンベルトは、和装の着付けに使用するベルトです。

 

「衣服以外のベルト」

時計や携帯電話、工具、医療機器、銃弾などを常時持ち歩き使いたい時に、
それらを手で持つ代わりに、ベルトで身体につけておくことがあります。

 

 

本を持ち歩くためには、ゴム製のベルトのブックバンドが使用されます。
馬の背に蔵を固定するために使用されるベルトは、腹帯と呼ばれます。

 

身体の保護にもベルトはしようされ、
車のシートベルトや高所作業用の安全帯として使え荒れます。

 

また、腰痛の緩和などにも使用されます。
装身具として権威や地位を示すチャンピオンベルトに使用される例や、
荷物の梱包の際に紐の代わりに使用される例、拘束具として使用される例など、
多様な用途があります。