会社で着用するマフラーはどんなもの?

MENU

ビジネスシーンで選ぶマフラー・種類

「マフラーとは」
マフラー(muffler)は、襟巻きや首巻きとも呼び、首の周りに巻く、長方形の布です。
現代英語ではscarfということが多いのですが、スカーフは軍服の飾帯から発展したもので、
日本語のスカーフは婦人用の装飾の正方形の布を指す場合が多いのが実態です。

 

 

「形状・素材・着こなし」

マフラーは、防寒具の1つで、幅が数十cmで、長さが2m程度の長方形の布で、
必要に応じて首の周りに巻いて、首や肩の防寒にします。

 

素材は、ウール、綿などですが、毛糸を編んで作ることもあります。
形状が単純で長さを間違えても支障が無いため、手編みの初歩に選ばれ、
女性から男性への贈り物で、手作りのマフラーが選ばれることも見られます。

 

 

日本では、江戸時代には隠居がするもので、若者は着用しませんでした。
また、襟巻きは皮膚の抵抗力を弱めると敬遠された時代もありました。
礼装では、慶事なら白、弔事では黒のマフラーとなっていますが、現在はそれほど厳格ではありません。

 

「マフラーの種類・ファッション」

タオルマフラーは、サッカー・野球などの応援に用いるタオル地のマフラーです。
幅は普通のマフラーとほぼ一緒ですが、長さは1mから1.5mまで様々ですが、
最近は少し長めの前で結んだ時にロゴを強調するものなどがあります。

 

サッカーの応援でも、欧州では今でもニットマフラーが主流ですが、
日本では独自のマフラーが多く、使用方法も首に巻くだけでなく、
選手の入場の時に掲げることや、応援に合わせて振り回すことなどもします。

 

夏場は汗を吸い、冬は本来の防寒具として使用します。厚手のジャガード折のものは、綿素材なので皮膚の弱い人にも使用できる安心感があります。常時着用した男性俳優がいましたので、ファッションとしても脚光を浴び、かなりの商品が出回ってきました。

 

 

防寒用というより、ネック部分のオシャレアイテムとして、使われ出してきています。
サイボーグ009や仮面ライダーなどのマンガやアニメなどに登場する人物が、
ファッションとしてマフラーを身につけていることも多く見受けられます。

 

 

「ビジネスシーンで選ぶべきマフラー・種類」

ビジネスシーンでは、第一にスーツやジャケットに合うマフラーを選ぶことが大切です。

 

デザインや素材がカジュアルなマフラーは、
コーディネートを不可能にしてしまう可能性があります。

 

素材は高級感のあるカシミアがお薦めで、カラーは無地にすれば、
あらゆるスーツやコートに合いやすくなります。

 

 

また、大判のマフラーであれば、色々な巻き方も出来ます。
ビジネスで使用するマフラーの一番のお薦めは、
12月頃から2月頃に使用する大判厚手のカシミヤマフラーです。

 

 

あらゆるアウターやスーツとの相性が抜群です。
二番目は、11月頃や3月頃に活躍する大判薄手のカシミアマフラーです。
ジャケットスタイルとの相性も良く、重宝します。

 

 

三番目は、厚手ブラックカシミアマフラーです。
ベーシックなマフラーで、主に冠婚葬祭等のオフィシャルな時に使用します。