会社に着ていくジレ・ベストはどんなもの?

MENU

ビジネスシーンで選ぶべきジレ・ベスト・種類等

「ベストとは」                
ベストは、英語でvest、フランス語でveste、と言い、胴着の一種です。

 

本来は、中衣であり、袖のないベストは、フランスでジレ(gilet)、
イギリスではウエストコートとも言います。

 

 

日本では、袖のない前合わせの中衣などをチョッキ、
ベスト単品のものはオッドベストと呼びます。

 

ニットのウールやアクリル製、背広と同じ布が一般的ですが、
夏用やオールシーズン用には綿やポリエステル・ポリウレタンが使用されることもあります。

 

ベストのルーツは、17世紀半ばまでヨーロッパの主要な男性用上着のタブレットです。
タブレットは次第に丈が短くなり、身幅も狭くなって、やがて市民や兵士の防寒着だったかサックから変化したジュストコールが上着として着られるようになり、タブレットは中衣となって、ベストと呼ばれるようになりました。

 

 

当時は、中のベストが見えるように上着の前を開け、袖口からシャツを出していました。

 

18世紀に入ると、ジュストコールが細身になり、ベストの袖が亡くなりました。
この袖のないベストを、フランスではジレ、イギリスではウエストコートと呼んだのです。

 

 

現代のベストは、フランスではジャケットや短めのコートを広く意味しますが、
英語圏では袖のない中衣全般を意味し、婦人用のものも含まれます。

 

 

日本のべストは、主にこの意味です。
ただ、現代のイギリスでは、袖のない中衣はウエストコートと呼び、
アメリカのベストはアンダーシャツを意味することが多いので、違いに注意することが必要です。

 

「ビジネスシーンでのベスト」

ビジネスシーンでのベストは、
背広やジャケットに馴染むスタイリッシュだが落ち着いたものが相応しいと思われます。

 

手入れが簡単な事も、
ユニフォームとして着用するビジネスマンにとっては大切なことです。

 

 

その点で、ウール混素材のものやポリエステル生地使用のものなどは、
皺になりにくく、手入れも簡単で使い勝手が良い製品です。

 

 

色は、ネイビーの他、グレー、ブラウン、ブラックなどの背広やジャケットに合わせやすく、
ビジネスシーンにも違和感のないものが良いでしょう。

 

 

また、光沢のあるものや千鳥格子やチェック柄などの製品もあり、
上手くシャツや背広やジャケットとコーディネートをすれば、
オシャレな感じが増し華やかな雰囲気が醸しだされると思われます。

 

 

ビジネスマンのベスト着用の場面は、ビジネスは勿論ですが、
フォーマルな場面やカジュアルな場面もあります。

 

 

フォーマルなジレの着用は、ジャケットとパンツの色と同じ色のものであることと、
スマートな絞り込みでもたつき感を感じさせないこと、
そして背面にサテン生地を使用して優雅な感じを出すなどの工夫が必要だと思われます。

 

 

カジュアルなジレは、遊び心で茶系やグリーン系の色も面白いかもしれません。
また、コットン素材やダウン・オーバー・ベスト、ダウン・トラベラー・ベスト
なども検討してみてはどうでしょうか。

 

 

ジレ・ベストは、元々は中衣というナの通リ、
実用的な着用のもので防寒の意味もありましたが、
今ではビジネスでもおしゃれに着る時代です。