接待で喜ばれるお店選びのポイント

MENU

接待で先方に喜ばれるお店選びのチェックポイント

接待をするにあたって、
その成否を左右する重要なポイントの1つとなるのがお店選び。

 

先方に気持ちよく接待を受けていただき、
良い印象を抱いてお帰りいただくのが、
できるビジネスマンのスマートな接待であるといえます。

 

接待は先方を「おもてなし」することに重きが置かれるビジネス上の行為ですから、
徹底的に先方の立場に立ったお店選びがポイントです。

 

そこで今回は、おもてなしの視点を重視した、
先方に喜ばれるお店選びのチェックポイントをご紹介します。

 

食事に関する先方の情報を事前に収集しておく

接待は先方をもてなすという視点を重視するのがポイント。

 

そこでまず、予約するお店のエリアを決めるため、
先方の勤務先住所や自宅住所などを事前に把握し、アクセスを容易にすることが重要です。
通勤経路やよく食事をするエリアなどを確認するのも良いでしょう。

 

接待を契機に敢えて普段とは異なるエリアで食事をしたいという場合もあるので、
先方との対話しながらエリアを詰めていくのがおすすめです。

 

さらに、食事に関しては味の好みやアレルギーの有無などもポイントになるので、
この点についても先方に確認しておくのがマナーです。

 

それを踏まえて、和食・洋食・中華などのジャンルや飲酒の有無、
個室・フロアや喫煙・禁煙などの食事環境などの好みを把握しましょう。

 

そして、カジュアルな雰囲気のお店か高級なイメージのお店か、
ランチとディナーのいずれが希望か、などについて確認しておくと、
より先方に合わせたお店選びを印象付けられます。

 

収集した情報をもとにお店を選んで当日まで細やかに準備する

先方との細かなやり取りを通じて、
お店のエリアやジャンル、雰囲気や食事環境などをまとめた後は、
設定された予算に合わせて、ネットなどを駆使して最適なお店をリストアップしましょう。

 

職場の同僚などが過去に利用し、評判の良かったお店も把握すると良いです。

 

そのようにして候補となるお店をいくつか選定し、
上司や同僚などの同席者と意見をすり合わせた上で、最終的に絞っていきましょう。

 

接待に使用するお店を絞ったら、可能であれば下見をしておくと安心です。

 

接待利用であることを伝えた上で、お店と事前にすり合わせをしておけば、
接待当日は滞りなく進行します。

 

その際、注文する可能性のあるメニューやサービス、
料金や支払方法なども確認しておきましょう。

 

請求書や領収書の要否や記載方法もお店に伝えておくと良いです。

 

そして、接待前日までに、先方及びお店の双方に確認の連絡をするのがおすすめ。

 

先方には日時や店名・住所・電話番号・地図URL、
予約者名と出席者名などを知らせ、下見の際に確認した目印などを明記すると親切です。

 

接待でのお店選びは先方をおもてなしする視点を重視

接待でのお店選びは、
先方をおもてなしすることに重きを置いた、先方の立場に立った視点が大事です。

 

細やかな気配りが行き届いた周到な準備を整えて、
先方に気持ち良い接待を受けていただくように心掛けましょう。