ディテールや小物使いでさり気なく着崩して営業に適したビジネスカジュアルを演出

クールビズやウォームビスなどに代表されるように、
エコに対する意識がグローバルな範囲で高まっている昨今。

 

ビジネスシーンでの装いにもその意識は浸透してきており、
上下が揃ってカッチリとした印象のセットアップスーツ以外の
カジュアルなコーデが職場などでも増えています。

 

一方で、初対面もしくは数回のみの面識である営業先では、
服装が第一印象に与える影響が大きいのも事実。

 

マナーを守った清潔感のあるコーデで、
相手に信頼感を与えるのが非常に重要です。
そこで今回は、カジュアルダウンし過ぎずにさり気なく着崩す、
営業に適したビジネスカジュアルの着こなしをご紹介します。

 

営業時のビジネスカジュアルはジャケットとスラックスを軸に仕上げる

ひと口に「ビジネスカジュアル」といっても、
ビジネスでの場面や環境によって異なるマナーが考えられるので、
明確な定義は存在しません。

 

営業時に限れば、セットアップスーツスタイルから大きく離れない、
ジャケットにスラックスを合わせるコーデが無難です。

 

その際、ジャケットはカジュアルダウンし過ぎないよう、
ネイビーやチャコールなどのダークトーンカラーのものを選び、
スラックスはセンタープレスが施された明るいカラーのカッチリとしたものを選ぶのがおすすめ。

 

いずれか一方にチェックやストライプの柄などが施されたものを合わせれば、
センス良くカジュアルダウンできます。
両方とも柄物にするとカジュアルな印象が強まるので避けた方が無難です。

 

また、インナーに合わせるシャツは単なるホワイトではなく、
ライトブルーやグレーなど少し色味のあるものを選ぶのが良いです。

 

襟と袖口の素材だけがホワイトなど、
身頃と別の素材があしらわれている「クレリックシャツ」を着用して、
デザイン性を高めるのもおすすめ。

 

いずれの場合でも、シャツの裾をパンツの外に出すのはマナーに反するので控え、
きちんとタックインするようにしましょう。

 

そして、ネクタイを締めないノータイのコーデにすると、
シャツのデザインをアピールできます。
ただし、営業先の雰囲気に合わせて柔軟に対応できるように、
ネクタイを鞄などに忍ばせておくと安心です。

 

ネクタイや小物使いで着崩してアクセントを付ける

スラックスにジャケットを羽織ったシャツスタイルにニットベストを合わせると、
少し着崩した暖かみのあるコーデになります。

 

ニットベストをカーディガンに変えればエレガントな印象を与えられるうえに、
着脱が容易なので柔軟にコーデに変化を付けられるようになります。

 

コーデに合わせるネクタイは明るめのカラーや
ストライプなどの柄が施されたものを選ぶと、少しカジュアルダウンできるのでおすすめ。

 

さらに、ニットタイにするとカジュアルな印象がプラスされます。
営業先の雰囲気に合わせて選びかえると良いです。

 

シューズはレザー製のレースアップタイプが主流ですが、
紐なしのスリッポンタイプやペニーローファーなどを選ぶと、
少しカジュアルダウンできるのでおすすめ。

 

スエードや型押しレザーなどが用いられていると、
足元からスタイリッシュに仕上げられます。

 

また、宝石があしらわれているなどの装飾性の高い
ネクタイピンやカフリンクスをチラリと覗かせると、センス良く個性をアピールできます。

 

営業時のビジネスカジュアルはさり気ない着崩しを心掛ける

第一印象が重要な営業先では、
カジュアルダウンし過ぎない節度あるビジネスカジュアルが基本です。

 

ジャケットスタイルを軸にシャツや小物などで少し着崩して、
スマートなビジネスカジュアルコーデに仕上げましょう。