50代のビジネスカジュアルスタイル

ビジネスマンの50代は、
それぞれ職位などの立場によっての違いがあるにせよ、
各人のそれまでのビジネスライフの集大成という大切な時期になります。

 

 

従いまして、50代のビジネスカジュアルは、
最後の輝きを発揮する時に適した円熟の品々が用意されて、
充実のビジネスシーンを飾るのに相応しい演出がなされることが期待されます。

 

 

 

コート

コートは、やはり著名なブランドの
マッキントッシュやバーバリー、アキュアスキュータム等から
その人の好みで選ぶのが、50代のビジネスカジュアルには似合っています。

 

 

ゆったりと着用出来て知名度が抜群なのはバーバリーですが、
少しタイトですが、よりスタイリッシュにきめたいのであれば
アキュアスキュータムがお薦めです。

 

 

ジャケット

ジャケットは、コートと同様の
マッキントッシュやバーバリーやアキュアスキュータムの他に、

 

ダンヒルやサンローラン、ポロ、
ポールスチュワート、ニューヨーカーなどもあります。

 

 

国産のシンプルライフやインターメッツォー、アレグリ、ダーバンなど、
ブランドも多数あり、着心地がよく好評ですので、選択肢に入れても良いでしょう。

 

 

 

ボトム

ボトムスは、年代に関係なく
チノパンがビジネスカジュアルの一番に来ると思います。

 

茶色やグレーやネイビーをジャケット・シャツと組み合わせれば、
イタリア風細チノなどは、ビジネスシーンに合います。

 

インコテックスのデニムやカーゴパンツも50代に合った色やスタイルで、
ビジネスカジュアルのボトムスに適していると思われます。

 

 

 

シャツ・カーディガン・ベスト

ライトアウターでは、コーディネートの基本となる
シャツの選定がポイントになると思います。

 

 

シャツは、オックスフォード長袖ボタンダウンシャツや
ストレッチボタンダウン長袖シャツなどが、
50代のビジネスカジュアルに適したシャツだと思います。

 

 

色は、白かブルーが中心で、あまり派手でないストライプやチェックも良いと思います。
カーディガンやベストは、シャツとのコーディネートがしやすく着心地の良い、
黒やゲレーや茶色のオーソドックスなデザインのものがビジネスシーンに合うと思います。

 

 

 

「小物」

鞄は、ヴァレクストラなどの高級品も良いと思いますが、
ビジネスカジュアルでは、バーバリーやランバンで、
レザークラッチもサンローランなどで充分だと思います。

 

 

 

シューズは、ビジネスシューズ、スエードシューズ、スニーカーなどの、
50代に相応しい色や形のものを選べば、ビジネスカジュアルとしてピッタリだと思います。

 

 

ベルトは、靴や鞄に色を合わせて、黒や茶色中心にして、
ビジネスシーンに相応しいオーソドックスな形のものを選べば、
50代のビジネスカジュアルに合うと思います。 

 

 

 

ストールは、上品な色のものを選び、
ダブルクロス巻きがボリューム感も出て良いと思いますが、
シンプルなループ巻きやピッティ巻でもオシャレ感が出ると思います。