ビジネスシーンで選ぶべきジャケット・種類等

「ジャケットとは」   ; 
ジャケットは、上着の種類で、通常袖付き前開きですが、
頭からかぶるプルオーバーもあります。

 

丈は短く、ウエストからヒップ程度のものが大半で、
これより長くなるとコートになりますが、部分的には重複する場合があります。

 

中世ヨーロッパの男性用上着のジャックが起源で、
16世紀頃まではやや長く、ベルトを使って止めていました。

 

 

ジャケットの種類

フライトジャケットは、航空機パイロット用のジャケットで、
ミリタリージャケットとも称し、ブルゾンの一種です。

 

ピージャケットは、海軍軍人などが着る厚手のウールのジャケットで、
フィールドジャケットは、軍服として用いられたブルゾンの一種でもあるジャケットです。

 

サファリジャケットは、アフリカの狩猟の時着用されたジャケットで
4つのパッチポケットが特徴のジャケットで、ハンティングジャケットも、
狩猟用のフード付きのジャケットです。

 

アウトドアジャケットは、防寒用のパーカーの一種で、マウンテンパーカーとも称します。
アワードジャケットは、スタジアムジャンパーのことです。

 

キルティングジャケットは、キルトで出来た防寒用のジャケットで、
ハスキージャケットとも言います。

 

 

ダウンジャケットは、羽毛を使った防寒ジャケットで、
日本でも広く使用され、人気があります。

 

 

ライダースジャケットは、革製などで出来たバイク用のジャケットで、
ライダーを保護するプロテクターが入っている物もあります。

 

 

 

「ビジネスシーンに相応しいジャケット」
テーラードジャケットは、ホワイトカラーの通勤時の制服として用いる、
背広や背広型のジャケットで、ビジネスマンの必須アイテムです。

 

 

シャツジャケットは、シャツ児で作られたジャケットで、背広型が多いジャケットです。
スポーツジャケットは、スポーツコートとも呼び、スポーツに用いられた背広型のジャケットで、
代えの背広の意味もあり、テーラードジャケットとも関連があるジャケットです。

 

 

 

名前にジャケットが入らない種類

燕尾服は、指揮者が羽織る礼服です。
ブレザーは、各種制服に使われるジャケットのことを指します。

 

ベストは、ジャケットに相当するフランス語ですが、
アメリカや日本では、袖なしの短い中衣や上着のことを言います。

 

 

ウエストコートは、
背広の下に着用するジャケットで、中衣の一種です。

 

 

フロックコート、モーニングコート、ディレクターズスーツは、
礼服の一種、またはジャケットです。

 

ウインドブレーカーは、防寒性が高くスポーティーなジャケットです。

 

ジャンパーは、作業着用のジャケットで、フランス語ではブルゾンと言います。

 

 

スタジアムジャンパーは、元はスポーツ選手が防寒用に
スタジアムでユニフォームの上から着るジャンパーのことです。

 

 

スタッフジャンパーは、
元はイベントなどのスタッフが着用したジャンパーのことです。

 

パーカーは、フード付きの防寒ジャケットのことで、
アノラックは登山やスキーで使う防寒ジャケットです。